溶連菌感染症で年少組長女、運動会に参加できず!兄弟姉妹は?いつから登園できるの?

childrens-feet-144282_640

 

 こんなとき、あなたならどうしますか?

今日はこども園の運動会。

幼稚園年少組の長女は残念ながら
休むことになりました。

一昨日の夜に37.6度の熱を出し、昨日
「溶連菌感染症」と診断されたからです。

「じゃあ、○○ はどうする?」

保育園に通っている2歳半の弟(次男)。

一昨日の昼、発熱したとの連絡が保育園
からあって迎えに行きました。

帰宅してから熱を計ってみると、39.5度。

様子をみることにして、その日は
すぐ寝かせました。

昨日の検査で、次男は「溶連菌感染症」
の検査結果が陰性だったらしいのですが、

「姉弟だから発熱の原因は溶連菌では…」

という診断結果を出され、抗生物質を処方
されました。

「2人とも明日の運動会には行かない方が
いいですね。」とも言われたそうです。

昨日は、爆弾低気圧の影響で悪天候が
予想されていたので休園となりました。

2人ともほとんど寝て過ごしました。

長女の方は食欲がなく、口の中が痛いと
言ってあまり口にしませんでした。

そして、今日。

風は強いですが、秋晴れの空。
2人は熱も下がってとても元気です。

昨日の時点では「弟だけを参加させよう」と
私たち夫婦の意見はまとまっていました。

しかし、今朝になって私が言った

「行かせてはマズイんじゃなのい?」

で険悪なムードに。

妻には運動会で役割の仕事があり、
おばあちゃんがお弁当を持って
すでにこっちに向かっているからです。

「なんで昨日のうちに言わないの?」

妻は心中の声が聞こえてきそうでした。

妻は昨日の打ち合わせに沿って連絡をし、
そのつもりで予定を組んでいたのです。

話が違うことにイライラしていました。

昨日の時点ではすっかり忘れていましたが、
今朝目覚めたときに以前保育園の先生に
言われたことばを思い出したのです。

「お医者さんの OK が出ないと登園
できません。規則なのですみません。」

あっ!

行かせてはマズイじゃん。

 

glass-house-333364_640

 

学校の先生 と 「出席停止」

以前は、幼稚園は文部科学省の管轄、
保育園は厚生労働省の管轄ということで
面倒な部分がありました。

法律上でややこしかったわけです。

以前は、「学校」に幼稚園が含まれるが、
保育園は含まれませんでした。

「学校保健安全法」を保育園に適用させて
いいのかどうか…

そんな議論があったかどうかは、ここでは
どうでもいいですね。

何が言いたいかというと、

幼稚園と保育園が一緒の「認定こども園」
ができてからは以前ほど厄介なところは
なくなってきたということです。

それに、

学校の先生は法律に詳しい訳ではないし、
毎日の忙しさで忘れてしまうということです。

それは、幼稚園の先生も保育園の先生も
同じだと思います。

ただ、大事な子どもを親御さんから預かって
いるので、全てにおいて安全第一だということ。

これだけは「先生」なら誰しも同じです。

感染症を発症したら「出席停止」ということは
知ってますが、詳しくは覚えていません。

「他の子どもに感染させてはいけない」
ということで「出席停止」扱いにします。

出席簿にもそのように記入し、
「欠席」扱いにはしません。

ちなみに、

・ 学校保健安全法
・ 学校保健安全法施行規則
・ 学校保健安全法施行令

に「出席停止」のことが書かれています。

施行規則の第十八条に「感染症の種類」
が定義されていて、第一種から第三種まで
分けてあります。

「溶連菌感染症」は、

第三種の「その他の感染症」に位置づけ
られています。もっと上があるんですね。

「出席停止の期間の基準」は第十九条で
述べられており、「溶連菌感染症」は

「病状により学校医その他の医師において
感染のおそれがないと認めるまで。」

とあります。

 

waiting-room-548136_640

 

いつから行っていいの?誰が判断するの?

「子どもが感染症と診断されたらどうすべきか」

今回の経験、18年間の小中学校での
教師経験からまとめてみました。

  1.  すぐに学校・保育園に連絡する。
  2.  いつから登校・登園させていいのか、先生に相談する。
  3.  兄弟姉妹はどうすべきなのか、先生に相談する。

 

 

1.すぐに学校・保育園に連絡する。

病院での診断が出たら、すぐに連絡です。

インフルエンザもそうですが、学校や保育園
では、素早く他の子どもへの対応を考えます。

もし他にも体調を崩したり、休んだりしている
子どもがいれば、感染のルートや拡大の様子
を把握することができ、授業や行事への対応を
考えることができるからです。

 

2.いつから登校・登園させていいのか、先生に相談する。

「医者のOKが出たら!」という回答が
ほとんどだと思います。

でも、学校や保育園によっては考え方
が異なることもあるようなので、一応、
相談してみましょう。

とは言っても、「先生」も人間です。

自分の経験則で判断したり、経験が浅い
場合、すぐに答えられない場合もあります。

校長や教頭(副校長)などの管理職や
養護教諭(保健の先生)が詳しいので、
担任などにしっかりと確認してもらう
というのも1つです。

溶連菌感染症をネットで検索すると、

「有効な抗生物質を服薬後、24時間で
感染力が低下する」という情報があります。

だからと言って、安易に登校・登園させる
と問題が生じそうです。

勝手に判断しないようにしましょう。

とは言うものの、今回が最後の遠足、
運動会、学習発表会という場合には、

「どうしても参加させたい!」

というのが親の想いですよね。

 

3.兄弟姉妹はどうすべきなのか、先生に相談する。

溶連菌感染症の場合、兄弟姉妹への
感染率は50%という統計があるようです。

(ちなみに、親子間は20%。2年前に私は
感染し、喉の激しい痛みと全身の痛みで
苦しんで、3週間ほど服薬しました。)

※ 国立感染症研究所 HP では…

急性期の感染率については兄弟での間が最も高率で、25%と報告されている。学校での咽頭培養を用いた 研究によると、健康保菌者が15 〜30%あると報告されているが、健康保菌者からの感染はまれと考えられている。

 

感染していても発症しない場合もあるので、
なんとも言えない微妙な状況だと思います。

保育園や幼稚園で感染し、それが小学生や
中学生のお兄ちゃんお姉ちゃんにうつる。

そのような感染がルートが一般的です。

なので、

兄弟姉妹は感染しているとみなされる
ことがありますが、全く元気という場合を
私は何度も経験してきました。

はっきり言って、誰も分かりません。

学校の先生が「精密検査をして来い!」と
ムリヤリ病院に行かせるわけにもいきませんし。

結局は「誰が責任を取るか」になります。

親と先生が電話で相談し、「親が責任を取る」
ことで特別な登校の形になることもあるでしょう。

先生の経験則で「大丈夫ですよ」と登園OK
になることもあるでしょう。

しかし、一番無難なのは医者の判断です。

例外をつくってしまうと、「◇◇君のときはOK
だったのに、私の子どもはなぜダメなの?」
となりかねません。

医者の判断を基準にすることで、学校や園の
安全を確保できますし、クレーム防止にもなる。

なので、学校や保育園としては医者の判断を
基準としたがるわけです。

とは言うものの、「医者の判断」もさまざま。

学校や保育園の事情や親心を理解して
下さる医者を探しておくという手もあるかも
しれません。

その辺りの情報をしっているのが先生です。

どこの医者がどのような診断をする傾向に
あるという、ある意味極秘情報です。

学校医というのもありますし。

「どうしても子どもを参加させたい!」

と考えるのであれば、一度学校や保育園の
先生に相談してみると迷いや悩みがスッキリ
しますよ。

私のように、うつ状態?が続いていたり、

断薬中で頭がボーッとして判断力が
鈍っているときには特にそうです。

幼稚園に上がって初めての運動会なので、
長女はとても楽しみにしていました。

しまじろうの「すてきなワンダーランド」と
いうダンスをこの1ヶ月ずっと練習して
きただけに。

 

夕方、こども園の先生からの電話で
聞いてみたら、

「しまじろうが来るわけではなかった」

ということことでした。

親としては、嬉しいような哀しいような
複雑な気持ちでした(笑)。

 

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!
 ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ

外為ジャパン