「理想の在り方」を思い描くこと!【天職の見つけ方】

heaven-740392_640

 

「行動よりもまずどう在りたいかです」
「物ではなくて、思考のレベルです」

ついにメンターに問い詰められて
いましました。

「どんな思考の状態でありたいんですか?」

なぜ行動出来ないのか。
どうして実績が上がらないのか。

何がブロックとなっているのかを
とことん問いただされた訳です。

親、家族、パートナー、家事、育児、お金、…

プライバシーだとか、恥ずかしいだとか、
情けないだとか言っていられません。

エネルギーを奪っているモノは何なのか、
目標を達成できていない壁は何なのか。

半ば無理矢理引き出されました。

まるで地獄の番人閻魔大王様のように
感じてしました。

正直、もうお会いしたくないです。

いつも他人のせいにしていること、
心に閉じ込めて考えないようにしていること。

無意識に逃げていること。

洗いざらい引き出されてしまいました。

「たぶん、ここに書いた以外にもありますね。
おそらく150個くらい。全部のカギを外さないと
先へは進めませんよ。」

はやりバレてしまっていました。

メンターは言動や語尾から相手のエネルギー
状態を見通すことができます。

ネガティブワードばかりなら尚更です。

なので、対面して会話をするとすべて筒抜けに
見通されているような感じになり、実際バレています。

まさに「メンタリスト」です。

テレビに出てくるアノ方をイメージするかも
しれませんが、私の中では米ドラマの
「メンタリスト」の主人公です。

心理学、マジック、トリック、話術、洞察力、
スピリチュアルなスキルを用いて犯罪・
殺人事件を解決するコンサルタント。

詳しくな話すと長くなるのでここで止めておきます。

話を戻しますが、バーテンダーやマジシャンを経て、
コピーライティングを極めたメンターは、相手の心理を
揺さぶるのが非常に上手いです。

なので、なぜ上手くいっていないのかがバレてしまう。

哲学やヨーガ、古神道など、普遍的な真理や
目には見えない本質を追求しているからこそ、

それらの側面からも厳しく叱咤激励されました。

「○○さんは本当に何がしたいんですか?」
「理想の未来はどんな思考状態ですか?」

「いやぁ~、それが分からないんですよ。」

問われれば問われるほど、

「俺は本当は何がしたいんだ?」
とますます分からなくなりました。

天職の見つけるとき、このような質問を
自分に投げかけてみる方法があります。

  1. 他人が大変だと思うことでも、自分は大変だと思わないこと
  2. 時間を忘れてやり続けてしまうこと
  3. ずっと長い間続けてやってきていること

これらの周辺に天職がある、というわけです。

天職 = 情熱 × 才能

という公式があり、「情熱」と「才能」を見つける
ワークというものありますが、今回は省略します。

何が言いたいのかというと、

私の場合、「時間を忘れてやり続けてしまう」ことが
結構あるので、そこにヒントがあるのかもしれない
と気付いたということです。

笑い話を思い出したので紹介しますね。

教員時代、私は理科を教えていたので、
よく夜中まで理科室で予備実験をしたり
授業の準備をしたりするのが好きでした。

時間を忘れていわゆるゾーンに入ってしまう。

ある中学校でのこと。

部活動やスポ少指導を終え、生徒を帰して
20時頃から3階の理科室に籠もりました。

翌日の実験器具の準備、予備実験のためです。

2階の職員室にはまだ10名以上の先生方が
残業していました。(これが毎日普通のこと)

私は、かなり夢中になって実験や準備を
していたのですっかり時間が過ぎるのを
忘れていました。

すると、いきなり「ガラーッ」とドアが開き、
警備員さんが入ってきました。

「わぁっ!ビックリしたぁ。」

物静かな夜の学校中に響き渡る戸が
開く音だったのでかなり驚きました。

「センサーが反応して、警備会社の警報が
鳴ったので来ました。先生、何時頃まで
お仕事される予定ですか?」

時計を見るともう23時。

「あれっ?もう職員室には誰もいないんですか?」

「はい。もう先生お一人ですよ。」

「あー、すみません。連絡もせずに。」

もし遅くまで残る場合には、22時には警備会社に
その旨を連絡しなければなりませんでした。

最終退庁者は、日誌に名前と時刻を書きます。

見てみると、教頭先生の名前がありました。

どうやら私がまだ残っているのを知らずに
ご自分が最後だと思って施錠とセンサーの
セットをして帰られたようです。

警備員さんとは顔なじみだったので、
事情をすぐ理解してくれたらしく大事には
なりませんでした。

大事になると、教育委員会や教育事務所、
もちろん警察まで情報が行きますので。

とまあ、こんな感じで、

時間を忘れて一人ゾーンに入ってしまうこと
が度々あるので、このような作業がある仕事
が天職のヒントになるのでは?

と思ったわけです。

最近は、

「自分の目標の収入」
「自分の理想のライフスタイル」

をイメージする以前に、

「自分の理想の在り方」を考える毎日。

これが確信に至らない限りは、行動にも
移せないし、メンターに会うのも怖いです。

現在の体験が必ずあなたのお役にも立つと
思っているのでどんどん記事にしていきます。

長くなってしまいましたが、ここまで読んで下さって
ありがとうございました。

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!
 ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

 

4 Responses to “「理想の在り方」を思い描くこと!【天職の見つけ方】”

  1. 文々 より:

    天職の見つけ方・・・
    なかなか難しいですよねー。

    自分も色々と考えた末の今の職業ですが、合っているかどうかは分かりません。。。笑

    • shinwaters より:

      文々さん

      いつもありがとうございます。

      「天職」

      10代のころから考えていましたが、
      未だにわかりません。

      それを見つけるのが人生の目的かな
      とも思っています(笑)。

      でも、もう40代半ば。

      誤魔化していられなくなりました。

      応援完了です!
      ありがとうございました。

      water

  2. あとむ より:

    おはようございます。

    天職の見つけ方・・・は
    考えれば考えるほどむつかしいですね。
    綿所もいろいろした結果、現地点にいますが・・・
    果たしてそれが天職とは、いいがたいのかな?
    よくわかりません><;

    応援完了

    また、伺いますね^^

    • shinwaters より:

      あとむさん

      コメントをありがとうございます。

      難しいですよね。

      いつになっても「ほんとにこれでいいのかな?」
      と思って現在に至っています。無職ですが…。

      ぜひ見つけたいものですね。

      ありがとうございました。
      応援完了です!

      water

コメントを残す

このページの先頭へ

外為ジャパン