なんだ?このエロ動画は!アカウントを乗っ取られたか…!!

computer-663046_640

 

えっ?
なんだ、このエロ動画は?

Facebook のタイムラインに
見覚えのないものが…

「タグ付けされました」

タグ付けって何だっけ?
こんなものだっけ。

あなたは異常事態で焦ったことが
ありますか?

「友達」がアカウントを乗っ取られて、
どんどん私にタグ付けしているらしい。

もちろん、すぐ削除しました。

個人的にはゆっくり観たいですが、
さずがに5つも6つも公開されていると
超ヤバイですよね。

印象が悪くなるのでは…
ブランディングが…

ほんと心配になってきます。

この事件はついさっきのことなのですが、

「最近の IT の流れにはついていけなくなった」
というのがこの頃の悩みです。

20代後半、PC が主流になってきたころ、
40代50代の先輩先生方は PC の使い方に
とても困っていました。

かなりのお手上げ状態で、何度助けてあげたことか。

その度に、同じコトを何度も教えたのですが、
すぐ忘れて自分でやろうとしない。

「歳をとるとコンピュータに弱くなるんだなぁ」
「なんで覚えようとしないんだ」
「常に最先端のノウハウを取り入れていくぞ」

と格好つけて強がっていました。

ところが、世の中の流れはとても速い。

携帯電話からスマホへ。SNS の登場。
Mac や iPhone もどんどん人気が。

多重債務を抱えてながらも、パチスロに
明け暮れていた30代。

ギャンブルや宝くじで大勝ちしたら
スマホを買おう。Line もやってみよう。

そんな悠長な生活をしていました。

そんなこんなでうつ病にもなるし…

学校現場では、携帯電話やスマホに
かかわる問題は何度も起こるので、
詳しい先生が対処して解決。

そんな感じでした。

「だれか詳しい先生が解決してくれる」

そんな雰囲気がいつも職員室にはあります。

自分が歳をとるごとに若い先生が
次から次へとやってくるわけですが、

いつの間にか若い先生にスマホやIT 関係の
コトは任せるようになっていました。

私自身の怠慢もあります。

借金を言い訳にして、自分の成長を止めて
しまっていたという理由もあります。

いずれにせよ、面倒くさいと思うことから
逃げるようになっていました。

気がつくと、流行に置いてけぼりを食うはめに。

現在、多く使われているインターネットツールを
私が使い始めたのはこの1年の間のこと。

・ ブログをつくったのは1年前。
・ Facebook を始めたのは昨年の8月。
・ Skype を初めてつかったのは昨年の11月。
・ スマホを買ったのはこの4月。
・ Line を始めたのも4月。

今なら、小中学生でもやっていますよね。

私が始めた理由は、ネットビジネスをやるため
に必要だったということもあります。

しかし、学校に務めているときに、

生徒指導や部活動で忙しいにもかかわらず、
時代の流れにしっかり乗っている先生はいました。

生徒がブログやLine で問題を起こしても
ちゃんと対応できるのです。

そして、

そのツールやノウハウを授業で
使って分かりやすい説明をしている。

流行に合わせているといった感じ。

私もそれなりに IT を使った授業をして
いましたが、偏ったやり方ではなかったか。

今となっては後悔しかありません。

うつ病が寛解して元気になったら…
借金返済に見通しが出来たら買おう…

そのような状態で30代を過ごしたせいで、
40代になってからは流れについていけなく
なっていました。

「もうどうでもいいや!」

頭が硬くなった感じです。

自分で調べて、マニュアルを見れば、誰かに
聞けば、どんな機械でもすぐ使えるようになる。

それは20代から30代前半まで。

それ以降は、簡単に使えるようにはなりません。

マインドセットができていれば、見栄や恥は
無くなるのでいいでしょう。聞けば済みます。

でも、明らかに身体や脳の衰えを感じるように
なるのです。ひとりでは辛くなるんです。

30代の頃から運動を習慣にしておけば
よかった…。

もっと、脳トレをしておけばよかった…。

今さら後悔しても仕方がありません。

日々、勉強や作業、肉体トレーニングをして
時代の流れに乗りながらビジネスをする。

そのような状態にしたいものです。

あなたはどうでしょうか?

後悔しないように、やってみたいことは
今のうちにどんどんやることをオススメします。

衰えるって怖いですね。

こうなっては、

コツコツ丁寧に進んでいくしかありません。

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!
 ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

このページの先頭へ

外為ジャパン