「お金の神話」が現在の財布の中身を表している!

money-93206_640

 

お金の神話。

あなたはお金に対してどんな神話を
持っていますか?

マインドセットの勉強していると多くの人が
お金に対する先入観や偏見のようなものが
壁になっていることに気付かされます。

このようなお金に対する考え方やイメージは
幼少期につくられます。

これが『お金の神話』。

「日本の神話」や「ギリシャ神話」のような
『神話』もありますが、

ここでの神話は脳の中のこと。

あなたが幼少期の頃にお金に対して
どのように教わってきたか、どんな
イメージを持たされてきたかです。

怖いことにそのイメージがいまの
あなたの状況をつくっています。

例えば、

アニメや映画、時代劇では
「お金持ち=悪モノ」
という設定が多いですよね。

なぜか、お金を多く持っていると悪い
というイメージを持たされています。

「お金を多く持ち歩くものではありません」
「お金を粗末に扱ってはいけません」
「博打やギャンブルはダメ」

他にも、

借金で困っている親を見てきたとか、
お金でケンカしている両親をみたとか。

このような悪い印象が無意識、潜在意識に
刷り込まれてしまっているのです。

アルバイトや初任給で10万円や20万円を
手にしたとき、

「こんなにもらっていいのかなぁ。」
「なんか悪い事なんじゃないのか」

なんて思ったことはありませんか?

「それだけの働きをしたので当然」と
思ったかもしれませんが、

人は一度にドーンと大金を手にすると、
「自分は悪いことでもしているのでは?」
と思いがちです。

それに見合う価値を提供しているのに、

お金に対する悪い神話をもっていると
せっかくのチャンスも逃してしまいます。

なので、マインドセットが大事なのです。

無意識にはたらいてしまうお金への
悪いイメージを書き換えないといけません。

プログラムし直すのです。

「お金に価値はない」

お金はただの紙切れ、金属の塊で
お金自体には何の価値もありまえせん。

このマインド(考え方)は知っているようで
なかなか自分にセット(落とし込むことが)
できません。

あなたはどうでしょうか?

お金の向こう側にある「理想の未来」を
手に入れるための通行手形みたいなもの。

むしろ、お金はよいものとして考えましょう。

ただし、

お金に満足しすぎたり、感情を揺さぶられ
すぎたりしないように注意が必要です。

それでは消費者心理をついた売り手
の思うつぼです。

「お金は天下のまわりもの」

ということわざがありますが、まさに
お金は循環させないといけません。

お金を循環させる。

もしお金を手にしたら、自分の資産を
増やすために投資すればいいのです。

世の中にお金を循環させることが、
あなたも豊かにし、他人も豊かにする
と考える。

このようなマインドをつくっていくことで
お金に対する壁がなくなります。

ブロックが外れます。

『お金の神話』を換えてみてください。
何かが変わるはずです。

※ 資産についてはコチラを参考に!

⇒ 【資産と負債】 あなたが買おうとしているモノは『資産』ですか?

 

あなたの★応援クリック★をお願いします!
 ↓  ↓  ↓

ただ今のランキングは何位?

 

コメントを残す

このページの先頭へ

外為ジャパン